「みどりの遺言」プロジェクトはじまる

2016/08/15

日本環境法律家連盟(JELF)が、6つの環境保護団体とともに「みどりの遺言」プロジェクトをはじめました。

自分の財産を死後に寄付したいけれど、どこに寄付していいかわからない。
どのように遺言を残したらいいかわからない。
などという話を聞くことがあります。このプロジェクトは、そのような疑問に答えるために、スタートしたものです。

このプロジェクトは、JELFが、法律家の視点から、環境団体のガバナンスや活動の意義や団体の持続性を評価し、寄付の対象としてふさわしいと考えられる環境団体を推薦するとともに、遺言書の作成や相続手続きについて、JELF所属弁護士を紹介し、相談を受け付けるというものです。
法律家が環境団体を推薦していますので、安心して寄付団体をお決めいただけます。また、弁護士関与のもとで遺言書を作成しておけば、後のトラブル防止にも役立ちます。
JELFが推薦している団体は、以下の団体です。
A4みどりの遺言リーフ_inside
WWFジャパン
日本自然保護境界
日本野鳥の会
気候ネットワーク
地球生物会議(ALIVE)
アジア協会アジア友の会






「みどりの遺言」については、当事務所が受付窓口となっています。
環境団体に寄付したいけれど寄付先に悩んでいるという方、財産の一部を環境団体に寄付するための遺言書の作成をお考えの方など、お気軽に当事務所にお問合せください。

A4みどりの遺言リーフ_front(NGO)


「みどりの遺言」の詳細は、以下のホームページをご覧ください。
http://jelf-justice.net/